スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K様邸 外壁塗装工事 ~屋根塗装~  

屋根のケレン作業も終わり、今日から下塗り作業に入ります。これからの季節は夜露等の影響もあり、特に屋根塗装については作業する時間が限られます。仮に湿気が残った状態で塗装してしまうと、早晩塗膜が剥がれてきてしまいますので、細心の注意を払っての作業が必要となります。

今回は、最近当社でもよく採用していて、お客様からの評判も良い『アレス屋根遮熱システム』を選定しました。まずは下塗り材として、屋根材を強化するために浸透性のエポキシ系プライマーを塗ります。
外壁塗装、屋根塗装、遮熱塗装、屋根リフォーム

翌日、中塗り材として遮熱用下塗塗料を塗ります。この材料を塗ると雪が積もったように真白になるのが特徴です。この材料と遮熱用上塗塗料との組み合わせで、屋根材の上昇温度を抑制する効果を発揮します。この効果により屋根材の伸縮が少なくなり、長期的に見れば経年劣化を遅らせる事が出来ます。よって、建物の長寿命化を考えるととても優れた工法だと思います。
外壁塗装、屋根塗装、遮熱塗装、屋根リフォーム

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。